FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ところで

2010/6/23

ところで・・・⑤    就職難のカラクリ



「企業の新卒採用数は激減している」
「大手、中小を問わず若者の就職口は減り続けている」

日本の成長が経済成長が頭打ちとなった今、新卒採用求人が激減、なるほどなるほど・・・・

ところで・・・・

文科省によると、4年制大学・新規卒業者の正社員就職数は、'80年代後半が平均29・4万人なのに対し、就職氷河期('99年~)のほうが2割近く多くなっているそうである。
あれれ、逆じゃん??
ではなぜ内定率が下がっているか???
実は「大学の乱立」と「学生の増えすぎ」のせいであるそうだ。
'85年は大学数が460校で、学生総数は185万人だったが、'09年には、773校、285万人に膨れ上がったため、相対的に大学新卒採用率が厳しくなってるだけである。
すなわち経済成長の鈍化を受け、決して企業が採用を控えているのでは無い、逆に求人自体は増えてるのだ!


少子高齢化により、1学年当たりの出生数は第二次ベビーブーマー世代と比べて、現在の20代は4割近く減っている。にもかかわらず、大手企業採用数が減っていないということを考えれば、「入れる」確率はむしろ高くなったといえるはずなのである!!
中小企業にいたっては、就職口は山ほどあるそうである。


「働く若者(15~24歳)の2人に1人は非正規社員」などという報道も、実は現役の学生アルバイトを含むデータであり、実際には3.3人にひとりくらいなのだそうだ!

やはり情報というものはステレオで採らないと・・・

「一報を聞いて沙汰をくだすな!」ということでしょうか、今の我々が最も陥りやすい、注意すべきことでしょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 

プロフィール

最新記事

カテゴリ

リンク

リンク

QRコード

QRコード

最新コメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。