FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょうど1年

 2010/5/9    ちょうど1年!
 
  
 まずは西院ブルースフェスティバル、そして高槻ジャズストリートにお越しいただきました皆様方、本当にありがとうございました。

ジャズバンドを始め、初ライブからちょうど1年がたちました。
(想えば何らジャズのフレーズが出ぬまま終わってしまった初ライブでした)
練習回数と本番数がほぼ同じ・・・以前では考えられぬ環境の1年でもありました。
支えてくれたバンドのメンバーへ心より感謝します!

写真 
サッチャンのミクシーから頂戴しました 失礼!!
・・・ナント目の前には師匠の湯田先生・・・おもわずCDデビューの話と師匠であることをを紹介も・・・あまりに情けない 私のギタープレイにて逆に恥をかかせてしまった感じで・・不肖な弟子を何卒お許しください・・・
49058021_1366863063[1]


自分のギタープレイを顧みてみました

「極力ペンタトニックを用いない」
これはかなり実践できるようになりました。
困ったらペンタへ逃げる、ということはほとんどなくなりました。
今後は逆に少しずつ必要な場合にのみ使うことにしてみます。

「代理コード」
家練習ではソロプレイにおいても少しは使えるようにはなってきましたが、ライブでは半分も出せてない、瞬時に出てきません。

「ディミニッシュ」
ライブでもソロ時普通に(?)出てくるようになってはきました。逆にバッキング時、使えるところでもひらめかない事が多いです。

「オーギュメント」「ホールトーン」
少し出し方がわかっていましたがライブではまだまだ。
でも少しずつ出しどころがわかってきた・・思ったときに出せるようにならねば・・

「オルタード」
出し方が難しい・・・そのままベタベタでしか弾けない、フレーズの中で効果的に出せればメチャ格好良くなるのだが・・・・克服せねば!

ただ未だ頭で考えてから弾いてるので、全くリズムにのってません。
指ぐせで弾くような、リズムに乗った演奏ができるようになるにはまだまだです。

初見でもコードを見て、そこで使えるスケール、テンション、代理音、ディミニッシュとオーギュメントにオルタード,確実なインサイドと色気のあるアウトサイドの音使い、そして周りの音へのリアルタイムの追従~頭を通らず瞬時に指で反応できてこそ、「指くせで弾くような軽やかな演奏」が実現できるようになります。
まだまだビギナーです・・・・・

今後とも必ずや一皮ずつ剥けていけるよう、あと3年のちにはせめて半人前くらいには慣れるよう精進して参ります。
皆様、どうか暖かく見守っていただけますよう宜しくお願い申し上げます!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 

プロフィール

最新記事

カテゴリ

リンク

リンク

QRコード

QRコード

最新コメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。