スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜に碇 その⑩ 知覧特攻平和記念会館編

2012/12/29

桜に碇 


si3.jpg
 


その⑩ 知覧特攻平和会館編

ch9.jpg


ch20.jpg

ch7.jpg

ch11.jpg

ch12.jpg

ch13.jpg

ch2.jpg

ch15.jpg

ch3.jpg

ch8.jpg

ch5.jpg

ch4.jpg


ch1.jpg

ch16.jpg

ch14.jpg






スポンサーサイト

桜に碇 ⑨ 愛宕

2012/7/15

桜に碇
 
ma7.jpg

 

その⑨    北吸桟橋  愛宕編


ks6.jpg

ks10.jpg

ks5.jpg

ks3.jpg

ks7.jpg

ks8.jpg

ks1.jpg

※ 桜に碇シリーズは右側カテゴリー欄の「桜に碇」から早見できます

桜に碇 その⑧


2012/6/10

桜に碇 その⑧  靖国神社編




ya6.jpg

暑かったでしょう

寒かったでしょう

痛かったでしょう

寂しかったでしょう

辛かったでしょう

苦しかったでしょう

無念だったでしょう

会いたかったでしょう



ya5.jpg

ya8.jpg
ya9.jpg
ya7.jpg

ya13.jpg
ya10.jpg

桜に碇 その⑥ パールハーバーⅡ 戦艦ミズリー

2011/12/30

桜に碇
 
si3.jpg
 


その⑥ パールハーバーⅡ 戦艦ミズリー編


舞鶴の海自護衛艦に上がる旭日旗、右はパールハーバーアリゾナ記念館上の星条旗
ma2.jpg a1.jpg


施設側の説明要旨
「ヤマモトは大鑑巨砲主義時代の終焉し空母機動部隊の時代になることを世界でいち早く認識していた人物」
「ヤマモトは最後まで米国との開戦に反対し続けていたが、一方開戦に備えた作戦も研究していた」
「米国は日本の攻撃を事前に無線解読していた」
「日本は不意打ちをしてきた」
「民間人にも犠牲者が出た」
すでにこの段階で矛盾があるのは言うまでもないのであるが・・・

mi1.jpg

戦艦ミズリーは太平洋戦争末期の昭和19年に完成。
艦長と速力及び主砲発射速度において戦艦大和に勝る。
m3.jpg

硫黄島、沖縄の戦闘に参加、室蘭や日立市への艦砲射撃にも参加している。m4.jpg

朝鮮戦争後一時引退、数十年後の80年代に装備一新し復帰。
なんと湾岸戦争にも参加、その後に完全引退。
a8.jpg



昭和20年9月2日 降伏調印式
チェスター・ニミッツ海軍元帥と連合軍最高司令官ダグラス・マッカーサー陸軍元帥は甲板上で待つ重光、梅津を眼下に見おろしながら、ミズリー作戦室から降りてくる。すべての動作に台本があったそうである。
また米国側は江戸末期のペリー来航時の場所にこだわりをもち、調印時はほぼ同じ場所にミズリーを停泊させ調印式に臨んだ。

m10.jpg


sigemitu.jpg

調印が行われたまさに「その場所」に立つ
m6.jpg

調印文書、よく見ると一行分空白が。
カナダ代表が行を間違え署名、重光らはこれに激しく抵抗、訂正印の押印にて妥協した。

m5.jpg


ミズリーへの 「カミカゼ・アタック」 の瞬間
激突後、パイロット上半身のみ引きちぎれ艦上へ飛び、甲板は火の海に
艦長は乗組員の猛反対を説き伏せ、「軍葬」として水葬していただいたそうである。
kamikaze.jpg

現在も残る激突時の凹み
m9.jpg

自らの手をその凹みにかけて撮影
この後甲板上で合掌。
隣にいた白人から嘲笑されるも、御霊に黙祷をささげた。
m8.jpg

アリゾナ残骸の向こうにには戦艦ミズリー
真珠湾にはまさに「太平洋戦争の始まりと終わり」が存在した。

淵田美津夫という元日本海軍中佐がいた。
真珠湾攻撃においては隊長として真珠湾を攻撃、その後戦時下を生き延び何とミズリー上の調印式にも立ち会っている。
まさに太平洋戦争の最初と最後、その現場にいた唯一の日本人である。
戦後淵田は何とキリスト教伝道師として世界へ伝道活動に、180度反対の人生を歩み始める。
親友で真珠湾奇襲の立案者であった 故 源田実が国会議員として戦後日本の表舞台で活躍したのとは対称的である。

帰国後は重度の糖尿病の身でありながら朝からビールを食事とする何とも悲哀なアル中生活。
見かねた周囲から市長や知事選挙への要請や推挙をうけるもこれを固辞。

映画「トラトラトラ」の制作協力依頼も断り、郷里の奈良橿原の畝傍にて
妻に看取られながら静かに息をひきとったという。


a3.jpg


最後に・・・・・
基地内の艦艇、記念館等すべての展示において原爆投下に関する展示は見あたらなかった・・・・・


※ 桜に碇シリーズは右側カテゴリー欄の「桜に碇」から早見できます



桜に碇 その⑤ パールハーバー アリゾナ記念館 

2011/12/29

桜に碇
 
si3.jpg
 


その⑤ パールハーバーⅠ アリゾナ記念館編


舞鶴の海自護衛艦に上がる旭日旗、右はパールハーバーアリゾナ記念館上の星条旗
ma2.jpg a1.jpg


真珠湾に今も千数百名の遺体とともに沈没している戦艦アリゾナの真上に記念館はある。
ariki.jpg

かなり御高齢の白人来館者も多い。
一様に日本製のカメラを下げた白人観光客 に混じり日本人も入館。
この光景こそが「平和」、しかしここは米国第7艦隊基地の真中でもある。

a4.jpg


アリゾナの砲塔、火薬庫への引火爆発で沈没まで10分もかからなかった
a2.jpg


中には米国側戦没者の名簿が。
彼らも自国のため犠牲となった。
私も慰霊にに対しては深く頭を垂れ敬意を表すも、合掌はせず。
同時に来場者の米国人の方々にもぜひ広島、長崎そして靖国参拝を。


aruki2.jpg

船体からは今も油が出てきていた。
a7.jpg




アリゾナ残骸の向こうにには戦艦ミズリー
真珠湾にはまさに「太平洋戦争の始まりと終わり」が存在した。

a3.jpg


※ 桜に碇シリーズは右側カテゴリー欄の「桜に碇」から早見できます

桜に碇 その④ 舞鶴 北吸桟橋編 

2011/8/14

桜に碇
 
ma7.jpg

 

その④   舞鶴 北吸桟橋編


ma15.jpg

ma2.jpg

ma14.jpg

ma1.jpg

ma17.jpg

ma18.jpg

ma19.jpg

mz.jpg

ma4.jpg

ma3.jpg

ma10.jpg


※ 桜に碇シリーズは右側カテゴリー欄の「桜に碇」から早見できます

桜に碇  その③ 舞鶴総監編

2011/8/14

桜に碇
 
ma7.jpg

 

その③  舞鶴総監編


ma9.jpg

ma12.jpg

ma13.jpg

※ 桜に碇シリーズは右側カテゴリー欄の「桜に碇」から早見できます

桜に碇  その② 江田島編

2011/6/28

桜に碇
 

si3.jpg
 

その②  江田島編


si1.jpg

si9.jpg

si7.jpg

si4.jpg

si6.jpg

si2.jpg

※ 桜に碇シリーズは右側カテゴリー欄の「桜に碇」から早見できます

桜に碇   その① 呉編

2011/6/26
     
桜に碇 

si3.jpg

  

その①  呉編


si18.jpg

si20.jpg

si21.jpg

si22.jpg

si17.jpg

02_img[1]


si8.jpg

si11.jpg

si10.jpg


si14.jpg


※ 桜に碇シリーズは右側カテゴリー欄の「桜に碇」から早見できます

 | BLOG TOP | 

プロフィール

最新記事

カテゴリ

リンク

リンク

QRコード

QRコード

最新コメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。